長続き

 2017-02-03
今日はDMM GAMESから千年戦争アイギスです。元ブラゲで後にAndroid版、iOS版がリリースされたのでスマホでも遊べるという意味ではスマホゲーでもあると思います。iOS自体は持っておらず、PC/Android版と多少勝手が異なるそうですが、その辺は分からないのでPC/Android版での記載になるのでご了承ください。一部ユニットが使えない、きわどい衣装の差し替えとかその辺だったとは思うのだが…。

千年戦争アイギス。
Android版はGooglePlayストアではなく、DMM GAMESというDMMのアプリからインストールになります。プレイするにはDMMアカウントが必要なので取得する必要があります。

PC/Android版はセーブデータが共通なので、どちらからログインしても問題がありません。外ではスマホ(Android)から、自宅ではPCでといった形でしょうかね。PC版に関しては環境依存が強いようで、安定しないようならブラウザを変えてみることでしょうか。ちなみに私のPC環境だと、Firefoxが快適ではあるが、ChromeやIEではもっさり、カクカクとまともに遊べない状態です。人によってはAndroid一択かもですね。AndroidはGalaxyS3→XperiaZ2→XperiaXPと3機種に渡りプレイしているがどれもエラー落ちとかなく、安定しています。

ゲーム自体は典型的なタワーディフェンスです。マップにユニットを配置して敵を迎え撃ち、拠点に一定数到達されるとゲームオーバー、それまでに敵を全滅させれば勝利とそれ以外に説明のしようが無い。

フレンド機能はなし、すべて己の力のみ。タワーディフェンスというゲーム性から、一見クリアできなさそうなものでもやりようによってはクリアできます。むしろ、高レアリティばかりだからといってクリアできるものでもないところが面白いところです。ニコ動やYouTubeにクリア動画がアップされているが、高難易度のマップを低レアリティのみでのクリアとか良く見ます。自分では思いつかない戦法でクリアしているとかほんとにすごいと思います。なので、ガチャ自体はそこまで重要性が無いのもポイント。

ガチャは最高レアリティの出現率は3%。上記のように居るからといって必ずしもクリアできるようになるわけでもない。もちろん、居れば楽になるマップもありますが下手にガチャに拘らず、イベント配布キャラを強化していくほうが安定かもです。私もガチャ産キャラとイベント配布キャラと半々ぐらいで編成組むことが多いですね。

イベント産=ガチャ産の劣化版ということはほとんどなく、スキルやアビリティが専用の物も多く、ステータスもイベントキャラが劣るわけではない。キャラのコスト下げやスキルLv上げには基本的には同キャラを合成する必要があるが、ガチャ産で高レアリティだと泣きをみるのはお分かりですね。一応、専用合成キャラでコスト下げやスキルLvを上げることができるが、入手機会もあまり無い。その点、イベント配布キャラはイベントの種類にもよりますが、ガチャ産の同レアリティと比べてコストが下げやすい、スキルLvが上げやすい特徴があります。タワーディフェンスなのでコストが1違うだけでも展開が全然違ったりするので、結構重要です。

このゲームもなんだかんだと3年近くやっていますが、まだまだ続きそうですよ。
カテゴリ :Game-other トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫