タブレットでやってみて

 2016-11-01
帰りに少し遠回りしてエディオンに寄ってBluetoothマウスを購入しました。Amazonに比べたら当然高いが、送料云々を考えたらどっこいどっこいなので購入しておきました。ここで私の使用しているドスパラのタブレットPC「DG-D08IW2」の使用感でも書いておきます。性能に関しては■公式サイトをどうぞ。

もちろんというか、仕事で使うわけもなく、あくまでも外出時でのブラゲ専用機として購入。お値段なりの性能てところでしょうか。ここではDMMのフラワーナイトガールとクロスオーバードの2本での動作を書いておきます。艦これはやってないし、今やAndroid版があるのでわざわざタブレットを買ってまでとは不要でしょう。iPhoneの人がコスパ求めて…であるなら選択肢があるか?ぐらいだと思います。多分、ZTEやASUS辺りのSimフリーなAndroid端末買っている方が安定でしょうが。

使用ブラウザはGoogleChromeで、Windows含め基本的には更新しているので最新版での使用。Flash画面の右クリックはタッチ操作ではどうやってもできなかったのでBluetoothマウスを使用してやりました。

・フラワーナイトガール
標準設定では全般的にもっさりと重い。ホームやキャラ確認ぐらいは少し重いなぁと思いつつも操作できるが、出撃して戦闘画面になるとスローモーションです。特にスキル発動が鬼門でエフェクトが多いスキルだと躊躇に現れます。それでも我慢(戦闘は自動なので放置)すれば、最低限のスタミナ消費程度は十分かと思います。結構やっているが落ちたりすることは無かった。稀にリザルド画面に行かないときもあったが、これは自宅のデスクPCでもあったのでタブレットだからという問題では無いかと。

グラフィックボードが無いタイプでFlashを軽くする方法としてハードウェア アクセラレーションをOFFにしても特に体感では軽くなったりはしないし、ブラウザの表示を縮小(50%まで)しても特に体感では軽くなったりはしませんでした。それ以上は小さすぎてまともに操作できないので割愛。

ここまで書くと微妙かもしれませんが、Flashの画質を低(デフォルト高)にすると劇的に変わります。もちろん、戦闘でのスキルは重いけど、画質高に比べると明らかに早くなっているのがわかります。

・クロスオーバード
標準設定ではフラワーナイトガールほどでは無いが、動作はもっさり。フラワーナイトガールと違って出撃→オート戦闘→リザルトの流れだし、戦闘画面も軽いのでタブレットでできるなら十分なものだと思います。戦闘画面はわかりやすく言うと、フラワーナイトガールがファイナルファンタジー、クロスオーバードがドラゴンクエスト(7以前)と思って貰えたらいいでしょうか。スキルのエフェクトも軽いものしか無いのが一番の理由かもですね。

グラフィックボードが無いタイプでFlashを軽くする方法としてハードウェア アクセラレーションをOFFにするとこのゲームは逆に重たくなります。ブラウザの表示を縮小(50%まで)してもこちらは特に体感では軽くなったりはしませんでした。それ以上は小さすぎてまともに操作できないので割愛。

またFlashの画質を低にしてもこのゲームは全く変わらず。画質は荒くなっているのはわかりますが、動作は軽くなることは無かったです。

どちらも外でガッツリではなく、スタミナが溢れない程度の消費をする分には最適です。クロスオーバードは1分で1回復なので張り付いてないとすぐ溢れるのですが。
もちろん、もっと良いタブレットやノートPCがあるならそれでよいですが、持ち運びを考えたらこの大きさ(8inch≒200mm)は手軽ではないでしょうか。まあ、お金を貯めてそこそこの性能な持ち運び用ノートPCを買おうかと思っているのでそれまでの繋ぎかなとは思っていますが。
カテゴリ :Game-other トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫